非日常

f:id:hitowotsu-rana:20200602133930j:plain

一周年

整体サロン初経営で記念すべき一周年なのに、新型コロナウイルスパンデミックで緊急事態宣言と時期が被ってしまった。まさか自分が生きている間に、このような歴史に残る、全世界のパンデミックが起ころうとは思いもしなかった。当たり前に社会が自粛ムードであり、自分自身もお祝いする気が起きなかったので、社会が落ち着いた時に記念等を考えようと思い、発信もしなかった。

緊急事態宣言の最中は諸々の事情で忙しくしていたので、あまりゆっくりとした時間はなかった。それでもサロンから少し離れることで、一年間のサロンの営みを思い返す余裕が出来た。振り返ってみると前半は超バタバタ、後半は焦りと燃え尽き症候群だったような気がする。

一人で経営するのは初めてなので、こうやって少しずつ積み重ねながら切り盛りしていくんだなと感じた。この一年は訳がわからなかったので人の意見に左右されたり、色々考え過ぎて大事な芯を忘れてしまっていたと感じる。二年目はもう少し余裕を持って営んでいきたいと思う。

お祝いは出来なかったが非日常で出来た時間に、自分の生活や人生について考えることが出来て良かった部分もあったとしよう。

マスク

もうすぐ梅雨がやってくる。日本の紫外線量が増えたことも、ウイルスが落ち着いてきた誘因になったと信じたい。信じている私はマスクを外す時間を出来るだけ多くするようにしている。

line公式アカウントに載せたものと重複してしまうとこもあるが、あちらは文字制限があるのでここでより詳しく載せようと思った。

とにかくマスクが鬱陶しい!のだ。確かに花粉症の時はマスクしているほうが症状がマシなので、苦痛に思うことはほぼない。しかしどこも悪くないのに、暑くなってきたし、なんでマスクせなあかんねん!とムカッとしながら以下の理由で着けている。

一、日本では人と違うことをすると視線が痛く感じる。(非常識や変人などと思われたくない、目立ちたくない、視線を気にする自分がいちいち面倒臭い)

二、万が一無症状で新型コロナに自分で知らずに感染していた場合、他人への拡散を多少予防出来るかもしれない。

三、知らずに感染していてマスクを着けていない人からの多少の感染予防になるかもしれない。

四、二と三に伴う安心感。(自己満足感)

五、仕事中は上記全ての理由及び、それがお客様への最低限のマナーと思いやりと信じて、マスク装着している。

デメリット

一、身体に取り入れる酸素量が減る。

・大気中は約21%の酸素濃度で、吸気でそれを吸込み、呼気になれば酸素濃度は約15%になるそうだ。なので約6%の酸素を取込んでいるのだろう。酸素濃度16%以下で酸欠になり、10%で死の危険性が出るらしい。(引用:JIJICOコラムby清野充典)

酸素が不足することで脈拍と心拍数が上がるらしい。これは(excite blogの呼吸内科医さん記事より)病院にて、N95マスクを装着した時とそうでない時の呼吸の変化を興味で調べてみたそうだ。しかし実験?では慣れてくると変化がなくなったらしいのだ。なので慣れた時の頭痛等は耳や頭をゴムで締め付けられているせいなのかもしれない。例え生理学的に慣れたとしても、自律神経にはあまりよろしくないのは間違いない。

二、流れを滞らせる。

・前述のように、長時間耳や頭や顔を締め付けることで、体液や気の流れなどを滞らせる。そんなに締め付け感がなくても、わずかな力でもずれないために、締め付けられているのは変わりない。また皮膚への継続的な刺激による皮膚炎やストレス。

三、自分の呼気中の雑菌などが湿気でマスク内に繁殖しやすく、またそれを吸込んでしまう。(口中には良い菌も悪い菌もいる)

四、粗悪品の不織布マスクでは不織布中の成分も微量ながら吸込んでしまうかもしれない。

五、外気の中には様々な物質が含まれており、それを取入れることで呼吸器も体全体も鍛えられ、抵抗力(免疫力)が向上するのに、それが出来なくなる。

六、五感のうち嗅覚だけが直接古い脳に働きかけ、本能や情動に刺激を与えられるのに、それが遮られる。

七、一~六が誘因する身体の不調が出やすくなる。

 

しかし医療従事者など感染者に接触する機会の多い方は、不快でも手放せないのも事実である。

臭覚

かつてアロマテラピーの勉強をした時に何度も臭覚について出てきたので、今でも忘れずに覚えている。アロマテラピーが難しいのは、十人十色で香りの好みが違うということだ。また西洋で生まれた方法なので、スタンダードな香りは本当に日本人に合っているのかわからない。もちろん日本にも香道があり、香木やお香などは昔からの伝統はあるので、否定している訳ではない。話を元に戻す。

 

臭覚は感情や本能を司る古い脳「大脳辺縁系」に直接伝達され、記憶の海馬や連携する視床下部に影響を与え、自律神経や下にある下垂体から内分泌ホルモンにも影響を与える。

五感のうちの臭覚以外は一旦、理性を司る新しい脳「大脳新皮質」を経由してから古い脳へ伝えられる。人間の大脳の90%以上が新しい脳なので、10%未満の古い=原始的な脳は、唯一動物らしさを保っている部分である。

理性では改善しない様々な症状が古い脳に関係しているのであろう。なので古い脳への刺激が減ると、身体に悪影響が出てくるのではないかということである。

とりとめもない

マスクについての見解を色々述べたが、ここで「だから私はマスクをしない!」と言えないところが我ながら自分らしい。いつもながら自分の考えを誰かに押し付けようとは思わない。こんな考えの人もおるんやなぁと思ってもらえればいい。欲を出すなら参考にしてもらえれば、止まりである。もっと積極的にアピールしないといけない立場ではあるが、自分がお客さんだったら積極的に出られると引いてしまうほうなので…自分がされて嫌なことはしたくないのだ。ここが経営者として全然ダメなところだとわかっちゃいるけど…やめられない…(・_・)洗脳されるのが嫌いなので洗脳したくないのだ。なので類は友を呼ぶで、そんな少数派のお客様しかお見えになられない…(‘_’)

そのポリシーを守るために右往左往の毎日。やれやれ…今日もマイペースでいこう。

 

 

関連記事

  1. 私流家庭料理法②味噌

  2. 居場所

  3. 私流家庭料理法①

  4. 情報の真偽

  5. 日本語と脳

  6. プチ氷河期